Skip to content

イラストを使用したプレゼンムービー 制作過程3~キャラクターデザインとシーンイメージ~

キャラクターデザインと平行して、描いてもらうイラストの内容を決めなければ
なりません。
今回の場合、プロットが無いのでエピソードらしいエピソードはない状態です。

企画原案のプランナーにプロットを起こしてもらうこともできますが、限られた
時間の中で動画のコンテンツに落とし込むために、まずは何が出来るかを考える
必要があります。

《考慮すべき条件》
■一ヶ月のうち、スケジュールにバッファ(予備期間)を設けると、イラストの作成に
 使える期間は三週間。
 キャラクターデザインから起こしている現状で、何パターンの素材を描いてもらえるか。

■限られた素材のパターン数で、いかに効率よくコンテンツの内容、キャラの魅力、を
 動画に盛り込むか。

■動画およびキャラ以外のデザイン素材の作成も自分が担当するので、自分の作業に使える
 期間も三週間。その作業配分も考えて演出・構成を決めること。

まず、コンテンツのプレゼンとしてキャラクターの紹介は必須なので、キャラ3人の立ち絵
は必要だと考えました。
プラス、3人の関係性や物語のイメージを喚起させるイベント絵が数パターンあると、
組み合わせで動画が構成出来そうです。
さらにシチュエーションとして「大きなお屋敷」だとひと目でわかる背景があると雰囲気が
出せます。

ここで先ほどの考慮すべき条件と照らし合わせ、じゅんさんには以下のイラストをお願い
することにしました。

1:各キャラクターの立ち絵(全身。顔のみのアップにも使えるように、高解像度で)
2:イベント絵、4パターン(解像度はムービーサイズの倍程度でいい。背景無し)
3:背景込みの3人がいる情景1パターン(背景は、ひと目でお屋敷だとわかるもの)

…絞ったつもりですが、結構な物量です。
このあたりで、じゅんさんからキャラクターデザインの初稿があがって来ました。
画像

画像

画像

いい感じです!キャラクターが目に見える形になったことで、文字だけだった企画案に
コンテンツとしての実感が出てきました。
引き続きキャラのカラー案などをお願いし、その間に今度はイラストの内容を詰めて
いきます。

1の各キャラクターの立ち絵は、性格を反映してそのキャラらしいポーズにしたいので、
キャラA:笑顔で元気よく。小物として箒かモップを持たせる
キャラB:そつなく優等生な感じでトレーを持ったポーズ。巨乳を生かしたい。
キャラC:精一杯背伸びしてる感じ。ツンぽいとかわいいかも。小物は無くてもいい。
としました。
この段階ですでにキャラクターデザインの初稿があがっていたので、イメージを膨らませ
やすくて大助かりです。

2のイベント絵は、ペラ一の設定とにらめっこしながらメイド修行のワンシーンを発想して
いき、わかりやすいものに絞り込みました。

イベント絵1:メイドといえばお掃除。
             Aが話に夢中で花瓶を倒しそうなのを、Bが心配しているところ。
イベント絵2:さっきの続きで、状況をわかりやすくする。
             花瓶を割ってしまったAがCに怒られているところ。
イベント絵3:メイドといえばお料理。
             お料理だけは苦手なBと料理が得意なCがオムレツを作ったところ。
イベント絵4:Cの住み込みのお部屋での3人
             疲れてCのベッドで寝てしまったA、Cが怒っても起きない。
             Bはフォロー?の言い訳をしている。

この素材であれば、シーケンスでキャラの関係性を見せつつメイドの一日の時間軸や仕事
内容がわかりやすく構成できそうです。

このあたりで、今度はキャラクターの色設定案が上がってきました。
画像

プランナーも交え、色設定を絞り込んでいきます。
メイド服は暗い色だと画面栄えしないので明るめの色にし、キャラAの髪はブラウン、
キャラBの髪はエメラルドグリーン、キャラCの髪は金色に決まりました。
あとはキャラの身長設定も兼ねた最終のカラーリングをしてもらい、キャラクターデザインを
完成させます。

あまり作業時間が無いため、水彩画のような作りこんだ塗りではなく、マットなアニメ塗り
を基本にして色の境界線のみぼかしす方向で仕上げてもらうことにしました。
これにより塗りの作業量の軽減と動画での画面栄えを両立させることがねらいです。

話を戻して、3の背景込みの3人がいる情景は、お屋敷といえば吹き抜けの大階段!という
ことで、大階段に3人がいる情景をお願いすることにしました。
さらに、3人の表情だけ、「集合写真のような無表情」と「自然な笑顔」の2パターン作成して
もらおうかと。

今回はキャラクターがアニメーションしないので、静止画をモーショングラフィックス的な
手法で組む必要があるのですが、キャラの表情の変化をカット割でうまく見せることで
能動的なイメージを演出できると考えました。
背景が同じでもキャラの表情で違う印象を作り出せれば、素材の少なさを底上げできます。

この段階でキャラクターデザインの最終版が上がってきました。

画像

塗りの雰囲気も3人のキャラ立ちもいい感じです。
じゅんさんにはさっそく上記のイラスト内容を依頼し、そのイラストが上がってくるまでの間、
今度は動画の構成を決めていく作業に入ります。

広告

イラストを使用したプレゼンムービー 制作過程2~コンテンツの発想~

ことの始まりはプランナーと営業に呼ばれて、ペラ一の企画案を見せられ、
「今度こういう内容のプレゼンをしたいから、ムービー作ってくれない?」
と言われたことでした。

そのときの内容は大体こんな感じ↓

設定:
高校生になったキャラAは、かわいいメイド服が着たいからとメイド喫茶の
求人を探すが、間違って本物のお屋敷のメイド募集に応募してしまいしかも
採用されてしまう。友人のことを心配して一緒に応募したキャラBと一緒に、
一人前のメイドになる修行がはじまる。
なんと、先輩メイドは13歳の外国人!?

キャラA(高校一年)
・脳天気で直感型のポジティヴガール。高校一年
・求人誌でバイトを探していて、かわいいメイド服が着れるからメイドに
 なることを決める。
・本人的にはメイド喫茶に申し込んだつもりだったが説明をよく読んでおらず、
 本物のメイドの求人に申し込んでしまった。
・真剣に集中すればなんでも器用にこなせる才能があるのに、注意力散漫で
 飽きっぽく、その才能は発揮されない。
・上記理由により基本的にメイドの仕事は全部ダメダメ。
・わりと考えなしに行動してしまいそれで時々他人(特にメイドBとメイドC)
 に迷惑をかける。

キャラB(高校一年)
・成績優秀のしっかり者。ちょっと頭が固く思い込みが激しいところがある。
・メイドAとは幼なじみ(学校での仲良しでも可)でずっと一緒、さんざん
 迷惑をかけられる
・迷惑を受け続け辟易としながらも、おせっかい気質なためハラハラしながら
 結局いつもメイドAを放っておけない。
・メイドAがバイトをはじめるときき、それが心配で自分もメイドになる
・本人の自覚はないが面倒を見ているようで実はメイドAに依存してるところ
 がある。
・飲み込みは早く、掃除・洗濯はうまくこなせるが一方で料理は壊滅的

キャラC(中学生くらい)
・メイドA,メイドBの先輩メイド。二人の面倒を見る役を押し付けられる。
・身寄りがなく、とあるお屋敷で幼いころからメイドとして働いてきた。
・プロのメイドであることに誇りを持っている。
・圧倒的なキャリアと技能を持つが、メイドA,Bより年下
・自分がキャリア的に一番先輩なのにメイドA,Bに妹扱いされてる、
 それがムカつく。
・学校に通ってないがメイドA,Bより頭がいい。
・得意な家事:料理

…ペラ一の原案にしてはキャラ設定の基本が押さえられているので企画として
起こしやすいんですが、この時点ではキャラデザインもプロットもありません。

そして作業が可能な期間は大体1ヶ月、キャラデザインとイラストは他の
仕事と平行でじゅんさんが担当することになり、動画の作成は私が担当する
ことになりました。

とりあえず、もう話を聞いた時点で時間がありませんw

まずはじゅんさんに3人分のキャラクターデザインを起こしてもらうために、
プランナーと三人の外見的な特徴をつめるところから始めました。

上記の企画案には外見の特徴はほとんど書かれていませんが、企画を起こした
プランナーや営業にはそれぞれのイメージがすでにあるので、それをヒアリング
してまとめていきます。

・Aは主人公なので黒、ネイビー、ブラウンなどベーシックな髪色
・Bは巨乳で(できればたれ目気味でメガネっ娘が!!)
・足元はソックスにローファー、あるいはショートブーツ
・制服のスカートの長さは短め
・ストッキングなら50デニール(ちょっと濃い目で透け感が!!)

まぁ、こういう段階では好き勝手な意見がたくさん出ます。
それぞれの意向を考慮しつつ、オリジナルコンテンツで認知度がないので、
三人のキャラがひと目で区別が付くようプランナーがディティールを整理して
じゅんさんにお渡しした外見設定がこちら。

キャラA(仮のキャラ名 15歳 157cm)
・髪の色は黒、ネイビー、ブラウンなどベーシックカラー
・靴下は三つ折の白、靴はローファー
・メイド服は膝丈

キャラB(仮のキャラ名 15歳 161cm)
・髪の毛は茶または緑(ミント系)
・ストッキングは黒で50デニール
・メガネは出来る子系に
・胸の大きさはOK

キャラC(仮のキャラ名 13歳 135cm)
・髪の毛は金か紫
・メイド服のスカート丈はロング
・見えないかもしれないが、靴はショートブーツ

キャラBの「胸の大きさはOK」が若干意味不明ですが、たぶん大きい(ookii)と
描くのが恥ずかしかった、プランナーはそんな季節を生きていた、と思うことに
して、次回に続きます。

イラストを使用したプレゼンムービー 制作過程1~動画紹介・説明~

みなさんはじめまして。

まずは一つ前のエントリー
「イラストを使用したプレゼンムービー The presentation movie using an illustration」
をご覧ください。

動画の説明にもあるように、この動画はオリジナルコンテンツ企画のプレゼンのために
2010年に作成されたものです。
企画自体は没になってしまったのですが、せっかく作ったし3年経つし、そろそろ公開
してもいいだろうということで公開しました。
大人の事情を考慮して、キャラクター名・タイトル・キャラクターボイスなどはカットして
ありますので、少々わかりにくい点もあるかと思いますが、ご了承ください。

これから数回に分けて、このムービーを作例として動画の作成過程を説明していきたい
と思います。

こういったモーショングラフィックス主体の動画の作成過程の説明に需要があるかは
わかりませんが、ソフトのTutorialやTipsのサイトに比べ、動画のアイデアのまとめ方や
演出の組み方などを紹介するサイトはあまり見かけないので、動画を作ってみたい学生
さんや同業種の仕事の仕方に興味のある方などの参考になればと思っております。

ちなみにこの動画はAEの基本機能のみで作成されています。

イラストは、アクエリアンエイジフラグメンツ、iphoneAPP「添い寝カノジョ」などで
人気のイラストレーターじゅんさんに描いて頂きました。

動画の作成過程の説明をまとめるにあたり、じゅんさんにはラフ画など通常公開しない
ものの使用許可も頂いてあります。感謝感謝です。

画像

↑たとえばこういったキャラデザインの初稿から最終デザインが決まるまでの過程なども
ご紹介できますので、乞うご期待。

文字のみの企画案からキャラクターデザインと物語を起こし、ムービーの演出と構成を
決めて動画としてまとめていく過程の記事は数回に分けてアップする予定です。

最後までお付き合い頂ければ幸いです。

動画

イラストを使用したプレゼンムービー The presentation movie using an illustration

このムービーは、オリジナルコンテンツ企画のプレゼンのために2010年に作成されたものです。
コンテンツの企画は途中で没になってしまったので、ムービーを公開します。
キャラクター名・タイトル・キャラクターボイスなど、公開に支障がある部分はカットしてありますので、
少々わかりにくい点もあるかと思いますが、ご了承ください。

イラストは、アクエリアンエイジフラグメンツ、iphoneAPP「添い寝カノジョ」などで
人気のイラストレーターじゅんさんに描いて頂きました。

※著作権は作成したプロダクションにあります。公開は致しましたが著作権は放棄しておりません。
このムービーのすべてデータの無断使用・転載・複写を
固く禁じます。